ブルーピリオドがあまりにも面白かったのでオススメしたい。

【オススメマンガ】ブルーピリオドがあまりにも面白かったのでオススメしたい。

投稿者:

講談社のアフタヌーンコミックスから刊行されているブルーピリオドを、1巻から最新巻7巻まで一気に読みました。

読み始める前は気づかなかったのですが、マンガ大賞2020の大賞作品のようです。
SPY×FAMILYを抑えての1位はめちゃくちゃ強いですね・・・。

なのでオススメするまでもなく、すでに圧倒的な人気を誇っているマンガではあるのですが。
あまりにも面白かったので、ブログに書かずにはいられませんでした。

ざっとしたあらすじとしては、

主人公・矢口八虎は高校2年生の男子高校生。
成績優秀でプライベートも充実した生活を送っていますが、打ち込めるものが見つからない日々。
そんな時に絵の世界に触れ、その世界に引き込まれていった八虎は日本最難関の美術大学・東京藝術大学の合格を目指すことに。
美術の素人がイチから駆け上がっていく、成功と挫折の文化系スポ根ストーリー。

という感じ。

スポ根マンガは星の数ほどありますが、ここまで純粋な”文化系”のスポ根マンガは珍しい気がします。(私の読書量が足りていないのもありますが)
かつ、美大受験に至るまでのシナリオがとてもリアルに感じられます。(実際に美大受験したことないので、どこまでがリアルなのか本当のところは分かりませんが)
絵画に関する知識も知らないことだらけなので、色々と新鮮な気持ちで読み進められました。
読んでいるだけで少しだけ絵画の世界が覗けるような。

しかし一番の見所としては、やはり”成功と挫折”の描写にあると思いました。
主人公は天才という訳ではなく(絵画を初めて2年で東京藝術大学に合格する時点で才能は感じますが笑)、
周りの才能を見て挫折や苦悩を味わいながら、それでも挫けずに絵を描き続けます。

むしろ、”成功”よりも挫折したり苦悩していたりするシーンの方が圧倒的に多いです。

私なんかは日常生活で仕事で苦難や嫌なことがあったりすると、現実問題やはり逃避に走りがちですが。(主に酒)
八虎が心を砕かれながらも困難に立ち向かっていく姿に、結構勇気をもらえるんですよね。
たまに酒やタバコに逃避しているところも、逆に共感を感じる。(未成年なんたらには目を瞑る)

というところが、精神論的な部分の面白いところ。

後は八虎が成長していく姿を見るのが純粋に面白い。
主人公が強くなったり変わっていく物語って、やっぱり面白いものですよね。
単純な「俺強え」的なお話ではなく、何度も地に落ちながらも飛び上がる姿を描いた話はやっぱり気持ちが良いものです。

最後に一点。
「好き」なことに対して周りの理解を得ようと努力して、ひたむきに頑張り続ける主人公の姿は最高にカッコいいです。

熱い気持ちで応援しながら、少しだけ美大受験の凄さを覗いてみるのはいかがでしょうか。
めちゃくちゃオススメです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。