【感想】徒然日和 – 癒しだけではなく、感動がある。尊い百合もある。言葉じゃ言い表せない良さがある。

投稿者:

※ネタバレ無しの感想記事となります。

徒然日和 – 土室圭

2019年3月時点で第2巻まで刊行されている本作。

第1巻を読み終わった時は「なんて癒やされる百合マンガなんだ・・・」と良さに浸っていましたが。
第2巻を読み終わった時には

「癒やされるだけじゃ・・・ない・・・!感動の波が・・・でかすぎる・・・!!!」

泣いてました。

2巻のラストの第13話を読んだ時、泣いてました。
こんなこと思いながら泣いてました。
深夜のワンルームで。
三十路のおっさんが。
一人で。
泣いてました。

1巻を読み終わった時は、「すっごいいいじゃん。癒し成分が凄い・・・」くらいに思ってました。
この時点で既に★5オススメが決定していたのですが、2巻の破壊力が桁違いでした。

  • 女の子同士が、友だち以上恋人未満な感じで絡む癒しがある。
  • 田舎の日常的な女子高生たちの暮らしにほのぼのできる。
  • ほのぼのとした雰囲気の中に埋め込まれているシュールなギャグのレベルが高い。
  • 死という題材を出しつつも、世界観を全く壊さず、小さな女の子が友だちを思いやる行動・心に感動する。
  • 特に2巻においては、上記4つ目の題材で感涙してしまいました。
    あくまでもこのマンガの主体って「癒し系百合」だとは思うのですが、4つ目は本当に泣けた・・・。
    これすらも一つの「癒し」な気がするので、主軸のブレなさが凄い。

    無論「感動」だけではなく、女の子たちの平和的な百合シーンも最高なのです。
    このマンガの百合シーンには、明らかな恋愛感情は出てきません。
    マンガの紹介文にも書いていますが、まさに「友達以上恋人未満」なレベルでイチャイチャする女の子達。
    どの百合シーンも癒し度と悶絶度が高すぎて、家で一人じゃないと読めません。

    そして、もはやイチャイチャしてなくても尊い。(だんだん宗教感出てきた)
    ”よつばと”読んでいる人には分かるかもしれませんが、あの雰囲気に近い。
    二人でルームシェアしている女の子達の、朝から夜までの何気ない生活が、一話まるまる使って描かれたりしている。
    これは本当に読んでほしいのだけれど、それが最高なんです・・・。

    百合で癒やされたいという全人類の皆様に絶対にオススメできるマンガです。
    是非ご一読を。

    1件のコメント

    返信を残す

    メールアドレスが公開されることはありません。