【ネタバレ感想】BLUE GIANT EXPLORER 2巻

【ネタバレ感想】BLUE GIANT EXPLORER 2巻

投稿者:

※ネタバレ有り。閲覧注意です※

BLUE GIANT EXPLORER 2巻 – 石塚 真一
2021/2/26発売、2巻のネタバレ感想記事です。

まだそこまで有名じゃなくても、大の演奏する音を聞けばそこにファンが増えていく。
多少立地が悪くても味が良ければ行列ができる飲食店、そんな感じ。
違うか。

というわけで、アメリカ編のEXPLORER、2巻を読み終わりました。
安定して面白いし、読んだ後の満足感が凄まじい。
他のマンガと比べてボリュームが倍くらいあるんじゃないか、と感じるんですよね、BLUE GIANT。
なんでだろう、色々な出来事が一冊の中に凝縮されまくってるからでしょうか。
旅立ち、出会い、チャレンジ、恋愛とかなり色々描かれてましたからね・・・。

シアトルから出発する直前、みんなで車を直すシーン。
堅物だったボスが積極的に大の旅立ちを後押ししてますが、大の演奏を聞いてこんな場所に留まっていてはいけない人材だと思ったんでしょうか。
「お前は明日シアトルを発て。」がまっすぐすぎる言葉で、それが正解なんだなと思える信念というか、そういう強さがあった。
シビックも、1000ドルでいいって言ってたけど、たぶん2000ドルでも全然赤字なんだろうなぁ。

エディの涙を見て、もしかしたらエディは親父さんのような”勝ち方”をする未来があるのかなぁ、とも思いました。
1巻のBONUS TRACKでは「ボチボチやってるよ音楽は」とも言っていましたし。
1巻のBONUS TRACKの伏線を2巻のここで持ってくる演出、さすがでした。
 
 
新しい街、ポートランド。
新しい価値観を持ったスケーター、ジェイソンと出会いましたが、意外と思ったよりも絡まなかった。
後半で出てくるかなぁ~、とも思ったけど。
しかしそういったジェイソンの価値観をも変えていく~、的な感じではなく。
あくまでもジェイソンはジェイソンの価値観と道。
大には大の価値観と道。
色々な文化や考え方に触れながらそれでもJust Goを貫くのは何ともリアルで良いなぁとも思いました。
こんな感じでアメリカを横断していく気がする。

新しい助成、シェリルにも出会いましたが今後の大の人生に関わってきそうなキャラクターでした。
最後のBONUS TRACK、意味深すぎる。
え、コーヒーショップを・・・どこでやってるんだ・・・!
大に着いて来た的な?
多分これ、完結間際じゃないと分からないんだろうなぁ。
最後にBONUS TRACK読み直すとすごく面白そう。

というわけでポートランドにも爪痕を残して次の場所へと向かう大。
2巻でシアトル→ポートランドへ移動し、3巻では次の場所での話になっていそう。
シェリル、すごく可愛いキャラだったけどしばらく出番はお預けか・・・。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。