【感想】僕の心のヤバイやつ 第3巻 – 巻を追うごとに破壊力が増していってる

投稿者:

※ネタバレ有り。閲覧注意です※

僕の心のヤバイやつ 第3巻 – 桜井のりお

破壊力~~~~~~~~~!!!!!(開幕限界オタク)

尋常じゃない・・・尋常じゃないぞこのマンガのクオリティは・・・。
公共の場で読んだら一発でアウトになってしまう。
ニヤニヤどころじゃないからな。
ふひっ、て声出るからな。まじで。
山手線でこれを読むか1万円捨てるかを迫られたら、1万円を捨てるしかない。さすがに会社員だから事案はやばい。

感想

Karte.31

LINE交換を迫る山田の回。

LINE交換したがってる山田さん、可愛すぎるな???

クラス全員の男子とLINE交換みたいな話になった時、脇目も振らずに市川のLINEを狙いに行く山田が可愛すぎた。
一直線かよ~~~~~~~~~!!!!!
もっとやってくれ~~~~~~~~~!!!!!

この後の人殺しの目をする山田は盛大に笑わせてもらった。
なんなら「イッチLINE教えて☆」のときの顔も絶妙すぎる。

おまけ1

これ”おまけ”ってレベルじゃないよね?
闇取引するところと舌の上のアメを見せるシーンの破壊力。核レベルかな?

中学2年の段階でここまで充実した色々をしてしまうと、市川の将来が逆に心配だぞ。(よくわからない杞憂)

Karte.32

 

え~~~~~~、いやいやちょっと待ってくれ~~~~~~~~~
オタク、こんなの無理になっちゃうよぉおおおおおおお
なんなのぉおおおおお・・・・・・・・

身悶えする用の布団が無いと大変なことになっちゃう。
何度も言うけど、電車の中でこれを読んでたら普通に通報されるところだった。本当に危なかった。

みんなは絶対に家の中で読もうな?
家族が周りにいない場所を選ぶんだぞ?
じゃないと危ないからね?

Karte.33

市川の任せとけポーズと、解答間違ってるのは普通に笑ってしまった。
市川ジャージを着て市川を見つめる山田・・・これ・・・妻じゃん・・・(空を仰ぎ見てしまうオタク)

Karte.34

33に続き、32話レベルの破壊力はやってこなかったので冷静に読めたお話。
市川くん、かわいい独占欲出してるのでしっかりと可愛い。
市川が可愛いっていうのも、このマンガのいいところだよなぁ。

Karte.35

市川と山田の間に第三者が入る(物理的に)という、珍しいシチュエーション。
ちょっとでも市川に近づこうものなら物理的に引っ剥がすというニヤニヤ要素はやはりこのマンガの真骨頂。
山田レベルの美貌を持ってしても全く余裕が無いってところが良いですよね~。(コメンテーター口調)
代わりに私が教わろうかなの顔も、余裕の無さが伝わってきて素晴らしい。絵がうますぎる。
最後のオチまで含めて、構成が好きすぎる1本でした。

Karte.36

山田ママ初登場だけど、さすがに美人すぎか。
中学生だけど親含めて・・・みたいなの、考えが大人びているというか何というか。
えー、もうこれは将来を考えてのアレですか・・・?アレなんですかね・・・?

すごくいいと思う。

おまけ2

相変わらずおまけがおまけじゃない。
本編以上に破壊力あるからたまったものではない。
てか172cmはスタイルすごすぎる笑

僕も保健室の先生みたいに微笑ましく見守る仕事がしたい。

Karte.37

今日ちょっと近いな の破壊力。
山田さんの目がどんどん捕食者になっていってる気がするのは、気のせいだろうか。

無自覚で耳を攻めてしまう市川が罪深い1本だったけど、色々とごちそうさまでした。

Karte.38

やっぱり市川もかわいいマンガ。
うーん。ショタに目覚めてしまいそうだな。(ただ事ならない発言)

それにしても市川。
最後の妄想はちょっとアウトだぞwww

Karte.39

ひえええ・・・
お宅訪問回・・・・いいい・・・・・。

オタクが一番ニヤニヤしながら読んじゃうやつうう・・・・・・。(お宅とオタクを掛けている高等なギャグ)

夢と現実の境目がアレな市川の認識だったけど、読者としてはただただ美味しかった。
この後の山田の描写が一切されていないところが、読者におまかせ感があって素晴らしい。

でもいつか番外編で読みたい。(欲望)

おまけ3

イチゴババロア、口実だったのね。

かわいすぎない??????

Karte.40

市川くんだけじゃなく、読者にとってもご褒美な回。

顔が良い、かつスタイルもよく性格もとても優しい山田さんが真顔マジトーンのマジキモい。

みんな・・・今日の晩ごはん・・・これで決まりだな・・・。

だよね・・・??(特殊な性癖を他人に押し付けるという性癖)

うんいいぞ、さっきよりいい、どんどん良くなる
の市川のキマってる感は普通に笑った。

Karte.41

たまーに(頻繁に?)訪れるヤキモチイベント。
ぶっちゃけ大好物。もっとあってもいい。

てかもう、これで付き合う状態に至らないのはどうしてなんだwwwww(マンガだからです)

Karte.42

このマンガ始まって以来の危機的な状況。
今までにこういう展開無かったからものすごく新鮮だし、ちょっと読者は焦っちゃうぞ。
レイニー展開の長続きはやめてくれ・・・やめてくれ・・・で読みすすめることになりました。

今回出てきた、ナンパイの彼女的な女の子。
山田の態度見て一発で悟ったみたいだけど、まぁ普通に考えて悟るよなぁの気持ち。
むしろ一番現実味がある反応だった笑

Karte.43

神回。

いや、このマンガで神回じゃない回を探すほうが難しいんだけど、Karte.43は突出していた。

ニヤニヤが止まらないなんてもんじゃないぞ、まじで。
桜井先生はJRを潰す気か。

市川と仲直りしようとする山田の一生懸命な姿がまず最高。
うわ~~~~~~、もう大好きじゃんか~~~~~~!!! になっちゃう。

次に、「怒ってるの?」の一コマ。
角度といい表情といい、前髪をあげる手といい、すべてがパーフェクト。
てかあまりにも可愛すぎてびっくりしちゃったな???(なんでオタクって興奮すると疑問形になるんだろう)

自省して自分の心と向き合う市川もすごく良かった。
というか、たった2話でこれだけストンと読者の心に落ちる展開と構成にしてくるの、本当に上手すぎる。

そして最後のハグはもうあれはもう、ご褒美じゃん!!!!

最初から最後まで最高の展開だったぜ・・・Karte.43・・・・・・。

Karte.44

山田のピュアすぎる押しで完全に心が麻痺ってたけど・・・。

さすがにここまでされたら、市川も気づいてあげてほしい笑

でも気づいちゃったら話が終わっちゃう・・・。
鈍感なままでいてくれ、市川・・・。

にしてもLINEのやり取り可愛いな。
勝った→喋ったから
の流れとか本当に中学生みたいなやり取り。リアル感がすごいし微笑ましい。
桜井のりお先生、本当は中学生なんじゃないかな。

最後に

読み終わっちゃった。
刊行ペース的に、4巻は2021年の春。つまりは半年後くらいか・・・。
この次回予告を見て半年以上も待つの、マジでつらいな笑

1巻から同じペースでの恋愛をしていくわけではなく、どんどん距離感や関係性が詰まっていくので、すごく楽しく読めてしまいますね。
二人がお付き合いした後でも全然楽しめるマンガだよなぁ、これ。
ひたすら読み続けたいので、長続きしてほしい。

にしても山田さん。FILAですか。(ゲス)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。