【ネタバレ感想】義妹生活 5巻

【ネタバレ感想】義妹生活 5巻

投稿者:

ネタバレ有り。閲覧注意です※

義妹生活 5巻 – 三河ごーすと
2022年4月25日発売、5巻のネタバレ感想記事です。

4巻の感想記事は以下リンクからどうぞ。

4巻でお互いの気持ちを確認し合った、というところの続きから。
5巻は一体どんなご褒美展開が待ち受けているのかと、一日千秋の思いで待っておりました。

そしてその期待を裏切らない満足感。
よくあるラノベっぽいいかにもなベタベタ甘々展開ではなく、大人っぽい二人が相手のことを慮りながら距離を詰めていく描写。
これこそ義妹生活で読みたかった恋愛描写だ、、、と興奮しながら血眼で読んでたら一瞬で読み終わってしまいました。
料理や小説は作り上げるのは時間がかかるけど読み終わるのは一瞬だって浅村くんが言っていたあのセリフ、読み終わってからじわじわと胸に刺さりました。

それにしてもこの小説、二人それぞれの視点が描かれているのが本当に良いですよね。
まず浅村くん視点で読んだ時に「この時綾瀬さんはどう思ってたんだろう」と気にさせてからの、綾瀬さん視点で読ませた時に読者が悶えるような描写を入れてくる手腕がずるすぎる。
特に今回、一度気持ちを擦り合わせた後だからこそ「相手はどう思ってるんだろう?」と二人がやきもきする様子はものすごくご馳走様でした。
これをエネルギーに社畜は労働を乗り切ってます。

ゆったりと丁寧な展開になるのは分かっているので5巻ではキスまでしないかな?
と思っていましたが、工藤先生がアホになる呪いをかけてきたところで、あぁこれはくるなぁという予感がしましたよね・・・。
残りのページ数的にクライマックスだろうし、という邪推もありましたが。
お互いにどこまでが兄妹として適切な距離なのかを測りつつも、今後は少しずつそれを越えていくんだろうなぁと思うと続刊が楽しみでなりません。
浅村父と綾瀬さんとの会話が今後の伏線になっているような気もしてならないし。

それにしても表紙の綾瀬さん・・・美しすぎんか・・・。(締めの言葉)

2件のコメント

  1. まだ読んでないんですけど。キスしたんですか?

    ネタバレOKな人です

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。