【ネタバレ感想】お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 1巻

【ネタバレ感想】お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 1巻

投稿者:

※ネタバレ有り。閲覧注意です※

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 1巻 – 佐伯さん
2019年6月14日発売、第1巻のネタバレ感想記事です。

日々の中に薄々と雨雲の気配が混じり始めた水無月の入り口。気分はどんより下降気味。そんな季節に私は一冊のラブコメを手に取り・・・。この出会いが、僕の梅雨を終わらせた。(はじまってない)
 
 
皆さんこんにちは。ラブコメ大好きおじさん学会です。

めちゃくちゃ大当たりのラブコメでした・・・。
キュンキュン超えてギュインギュインするレベルのラブコメ。梅雨も吹き飛ぶレベル。
お互い無自覚の両片想いってどうしてこうにもギュインギュインするんだろうか。

最近のラブコメって、
・最初からヒロインの好感度マックス
・最初はヒロインの好感度が氷点下
のどっちかなパターンが多い気がするんですよね。

前者だと男主人公の方が複数人の中から誰を選ぶのか、ってパターンだったり。
チラムネとか、S級幼馴染とか。

後者だと段々デレを見せてくるいわゆるツンデレヒロイン系のパターンだったり。
ごとよめとか、そこらへんだろう。

この作品は、王道といえば王道パターンの、フラットな関係で出会ってそこから関係を深めていくというラブコメ。

しかも出会ってすぐに激甘展開になるとか、そういうご都合展開は無し。
序盤は割とゆっくりした展開で「おいおいこれでラブコメになるんか・・・」(なると思っている顔)、なんて感じで読み進めるくらいにはそこそこリアル。
 
 
とか余裕こいてたら中盤以降で悶え苦死んだ。
 
 
甘いなんてもんじゃなかった。おっさんは死んだ。3回くらい。

え、周さん、、、女性の扱い方、童貞のそれじゃないですよね??(人生2周目か??)

距離が近づいてからのお互いのスキンシップとかが当たり前になってて、「最近の若い子ってこんななの??」と32歳のおっさんは不安になってしまうぞ。
お互いの前髪触るシーンとか・・・。え、なんなの?付き合ってたっけ?とか思っちゃうくらいにはおっさんはピュアだぞ。
ここらへん、最初の雰囲気から比べるといきなり距離感バグってたせいで心の準備が間に合わなくて死んだ。たぶん2回目くらいの死。

最後はクリスマスにゲームしてる時に自然と膝とかに乗っちゃう真昼ちゃんで死んだ。たぶん3回超えてた。
なんならお母さん来てるのに部屋で寝落ちしちゃったシーンで既にオタクは限界だったからな・・・。
これで恋愛感情湧かないのはなかなかに理性がすごい。(湧かないというか、まぁ気づいてないだけか・・・)

という感じでほんわかと距離が縮まったところで1巻が終わり。
導入の一冊としては最高の締めくくりではないだろうか・・・。
こんなの2巻買わないほうが無理。人として。

1巻では真昼の背後にある家庭内とか親との不和が匂わされる段階で終わりましたが、最終的には周を含めてこれを解決していく展開になるんでしょうね。たぶん。
じゃないと話として締まらないし・・・。
そういった色々を経て距離が縮まって恋愛に発展していくところをギュインギュインしながら見守っていきたい次第。

感想書きながら、はやく2巻読みたくて感想書きたくなくなってしまった。
もう待ちきれないんで2巻読みます。

ということで次は2巻の感想記事で。