【ネタバレ感想】痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 1巻

【ネタバレ感想】痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 1巻

投稿者:

※ネタバレ有り。閲覧注意です※

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 1巻 – ケンノジ
2020年2月13日発売の第1巻のネタバレ感想記事です。

自称ラブコメ大好きおじさんの私がある日アニメイトを訪れると、魅力的な表紙が目に飛び込んで来たのです。
飛び込んできたのはS級美少女。
何とも儚げな雰囲気、しかしその力強い目線はこのラノベの内容を物語っているかのような熱さを帯びている。

誰だ、このイラストを描いたのは・・・

と思ったら。

え、フライ先生・・・???

1巻の表紙を見て、フライ先生だと気づけませんでした。
めちゃくちゃ大ファンだしフライ先生の薄い本はほぼほぼコンプリートしている私ですら気づけないくらい、いつもと違う雰囲気のイラストだった。
こんなイラストも描けるんだ、フライ先生。
2巻以降のイラストはいつものフライ先生っぽさが出てるけど、1巻だけなんだか別物のような美しさだった。
 
 
と、イラストの話ばかりしてしまいましたが、本筋の内容について感想を書いていこうかと。

帯に書いていた以下の宣伝文句。

隣に幼馴染がいる。ただそれだけでいい恋物語。

なるほど確かに、急展開や何かしらの大きな物語というわけではなく、この宣伝文句がしっくりとくるラノベでした。
日常ラブコメとしてほんわか読むのにとてもよさそうな一冊だなぁ、と。

わたくし、ラブコメは色々と読みますが日常系とは言ってもなんだかんだドラマ的な展開が結構あるわけですよ。
でもこのラノベにはそれがない。

ないのが悪いと言っているのではなく、それが持ち味なんだろうな、と思いました。

ぶっちゃけ読んでて疲れないしあっさり読めるので、仕事の休憩時間なんかに読むのにもオススメです。

でも休憩時間に読むとニヤニヤでコンプライアンス違反になっちゃうんで、気をつけましょう。
マスクがあってよかった。
 
 
さて、ネタバレ含む内容となると主人公である高森諒くんのスタンスですが・・・。
ラストの伏見への言葉を投げておいて、あれで付き合わないのすごいよな・・・。
恋愛感情がない、いわゆるアセクシュアルやアロマンティックなんだろうかとも思ったけど、それを主軸に扱う作品ならそれ相応の展開や話の持っていき方になるだろうし、本筋じゃないだろうという予想。
となると、これは女の子側が諒くんを好き好きになるいわゆるハーレム展開で、あとは諒くんが誰を選ぶのかっていうスタンスなのかな・・・。

なるほど、男の子が好きそうなラノベだ。(火の玉ストレート)
主人公が鈍感(超弩級)なのはお約束。

さて、伏見ちゃんというキャラクターについてですが。

S級美少女がグイグイくる様子を見せつけられて可愛いと思わないわけないよね???

という具合に、ラブコメラノベでニヤニヤさせてくる天才みたいな働きをしてくれました。
なんというか、このニヤニヤを楽しむのがこのラノベの正しい使い方(使い方とは)なんだろうな。

高森くんが鈍感やめて付き合っちゃったりしたらこのお楽しみが無くなってしまうのであと50冊分くらいは鈍感なままでもいいぞ。

次に、準ヒロインという立ち位置になるのかな?
鳥越静香についてですが、性格の良さとおっとり美人さでは完全に優勝してた。
なんなら最初のカラーイラストで顔見たとき、射抜かれたからね。髄の奥まで。
フライさんが銀髪っぽいキャラ描くとすぐ優勝しちゃうからなー・・・。目に優しいけどお財布に優しくないんだよ・・・。
2巻以降も頑張ってくれると期待している、というか頑張ってくれないと存在意義が(それ以上言ってはいけない)

最後に妹キャラの茉奈。
ヒロイン達と相成すようなキャラクターデザインなわけですが。
これがまたいいんだな。
清楚系美少女ヒロイン、クール系2番手ヒロイン。
そこに添えられる金髪ギャル巨乳美少女かつお兄ちゃん大好きっ子妹キャラというハバネロ級の劇薬。

素晴らしい。
逆にバランスが整いすぎていて素晴らしい。
清楚系とクール系と金髪ギャルはラブコメのさしすせそだからな。
清楚系とクール系は大体一緒では、とか絶対言っちゃダメだよ。戦争になるから。
 
 
というわけで感想について書いたわけですが・・・。
ほぼほぼキャラクター性についてどうなのか、ということしか書いてないなこれ。

ってのもしょうがないんですよ・・・。だって、基本的にはイチャイチャしているニヤニヤ系ラブコメラノベだから、これ・・・。

でもこのラノベ、たぶんそれがウリだから。(二度目)

さっくり読めて楽しかったので引き続き読み進めていく予定。
正直途中までは「ご都合系ハーレムラブコメか・・・」と思っていたけど、これはこれで悪くないどころかかなり楽しめました。

では、次は2巻の感想記事にて。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。