【ネタバレ感想】とどのつまりの有頂天 2巻 – 圧倒的質量。圧倒的尊さ。圧倒的しんどさ。

投稿者:

※ネタバレ有り。閲覧注意です※

とどのつまりの有頂天 2巻 – あらた伊里

2019/7/10、本日発売となった”とどつま”の第2巻。


メロブで買ったら着せ替えブックカバーもらえました。

ページ数は普通の単行本なのに、あまりの質量と内容の濃さ、、、読み終わった時には1時間が経過していました。
キャラクター同士の会話内容、絡みの時点でものすごい情報量なのに。
その裏側のキャラクターの心情描写、独白。
それらが重ね合わされることによって、1コマ1コマ、1つ1つの吹き出し、1つ1つの表情から読み取れる情報量が半端じゃないほど多量になっているのです。
繊細に読み取っていき、キャラクター達の心の動きを感じ取りながら読み進めていく楽しさと言ったら・・・!
こんなにも尊くて楽しい漫画は久しぶりに味わいました。
ありがとうとどつま、ありがとう2巻・・・。

以下、2巻のストーリー等々に触れるネタバレ感想となります。

感想

第八話

2巻は序盤から美古都がガンガン動いていきましたね。
1巻最後の美古都の決意のまま、猫崎さんに猛アタック。

めちゃくちゃ笑えるギャグを織り交ぜつつ、ガンガン攻める美古都が尊いし面白い。
体に興味のくだりはページめくった瞬間に爆笑してしまいました(笑)

そしてこの段階じゃ猫崎さんの本心が見えないって描き方、ずるいですよねー・・・。
こんなしんどい思いを抱えながら読み進める百合漫画とか、面白いに決まってるじゃん・・・ずるいよー・・・。

第九話

辺銀と獅子丸の過去話、良かった・・・。
獅子丸が過去に抱えてた闇なんかも垣間見えましたね。
この二人、早く結婚して・・・。凄く好き・・・。
どちらもツンデレ&ツンデレなのに、他のメンツには好意を隠さないっていう感じが凄く良い。
辺銀は美少女すぎだし、獅子丸は巨大感情持ったまま高校まで追っかけてきたという美味しすぎるエピソード。
電撃大王での連載開始後も、この二人のストーリーをしっかり描いてほしいなぁ。

第十話

この十話で、猫崎さんが隠していた本心が露わになりましたね。
最後のコマはちょっとゾッとするような迫力に満ちていました。

このタイミングで美古都が勇気を振り絞って告白するという展開にはちょっとビックリしましたが。
それを天然で返す猫崎さんにもちょっとビックリ・・・(笑)

まぁそれが双方の壮大なすれ違いだったわけなのですが。

人と寄り添うこと、近づくこと。ましてや恋なんて。
そして弱い自分、醜い自分を見られたら嫌われてしまうという恐れも・・・。
それほどまでに猫崎さんの自尊心、自己肯定力は低かったのですね・・・。
過去のトラウマがそうさせていた、というのもこの十話で見えてきましたね。

第十一話

過去のトラウマと熱射病で、倒れてしまう猫崎さん。
弱い自分を見られたくない、そして嫌われたくない恐れが痛々しいほど繊細に書かれていた十一話の冒頭でしたね・・・。

そんな猫崎さん。蓮を認めて、可愛いと言ってあげて。蓮と呼んであげることで。
蓮の中に自己肯定と、美古都という道標が出来たという素晴らしいストーリーになってました。

ストーリーの軸自体も素晴らしいし・・なんと言っても89ページが・・・。

ここ尊すぎて爆死するかと思った。
いや、爆死したんだけどね・・・尊すぎて・・・。
誰が書いてるんでしょうね、この記事・・・。

第十二話

十一話の怒涛の展開が終わり、十二話は少し休憩モードで読めました。
十一話の名前呼びの尊さが引っ張られていたので、相変わらずニヤニヤしながら読み進めはしましたが(笑)

巫女全国大会謎すぎたけど、格闘技かなんかなの、あれ・・・(笑)

第十三話

たっくんと夜空の過去話。これもええ話やないか・・・。
第二巻で一旦終わりということもあって、過去話も突っ込んできてるのかな?

と、過去話だけで終わらず椿の大胆な行動・言動も突っ込まれてきましたね。
椿の巨大感情、ここに爆発。
しかし悲しいかな。椿の巨大感情も、天然猫崎の前には雲散霧消なのですよ・・・。
椿の感情をもっと深掘りするようなシーンがあってもよさそうでしたが、残念ながらタイムアップ。
一旦2巻で終わりなんですよねぇ。
ここの部分も、電撃大王に期待なのかな・・・?

第十四話

第2巻の中で十一話と双璧をなす、尊い一本。
と同時に、この十四話がとどのつまりの有頂天の最終話なんですよね。儚い。

朝の海辺を二人きり。蓮は自分の中の気持ちを向き合いながら歩きます。
そして美古都の優しさに甘えてしまうんですよね・・・。彼女なら、いつものようにはぐらかして話を終わらせてくれる、と。
これ以上美古都と向き合い続けてしまったら、自分の中の”恋”の気持ちを悟られてしまう。
どうしようもなく醜い、自分の好きの感情を。
それが蓮にはたまらないほどに恐怖で、逃げ出したい。

そんな思いを抱えながら美古都の顔を見ると、その瞳には涙が・・・。

美古都の感情が溢れて、零れて、爆発した瞬間。
しんどい思い、ありのままの心の内を蓮にさらけ出す涙で濡れた横顔が余りにも美しい・・・。

美古都の涙を見て、蓮は気付いたんですよね。
今まで蓮は、自分のことを大事にしていた。
だから誰かに拒絶されるのが怖かった。嫌われたくなかった。
だから自分のことを曝け出さなかった。
そんな自分を、美古都は受け入れてくれると思っていた。

しかし美古都は神様じゃない。
自分と同じように。全く同じように傷ついていた。
そんな美古都をもう傷つけたくないと決心した蓮の顔が優しすぎますね・・・。

最後の蓮の一言。
「今から花火しない?」
は、蓮の勇気の一歩ですね。

最後に

というところで、とどのつまりの有頂天は一旦終わり・・・。
電撃大王で連載開始されますが、この続きからではなく、一からのスタートになるようです。
正直に、正直に言うとこの続きが見たい・・・!!!!!
この続きはダダ甘な展開が待ち受けているのでご褒美タイムだとは思うのですが。(多分)
美古都からの踏み出し、そしてそれを受け入れた蓮のラストシーンを見られたので、ひとまず大満足ではあります。
でも甘々タイムも見たいっちゃ見たかったーーー(笑)

それにしてもあまりにも尊すぎましたね。この2巻。
名前呼びのシーンもそうだし、「しんどい」と言いながら涙を流す美古都の横顔のシーンとか、心臓砕かれましたよ・・・。

さて、電撃大王での連載開始を待ちましょう・・・。
年内開始予定みたいですが、いつまでも待ちますよ、私は。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。