【考察】紫陽花の色が暗喩していたものとは – やがて君になる アニメ 第8話「交点/降り籠める」

投稿者:

やがて君になる アニメ第8話では紫陽花の色に関する描写が3箇所ありました。

①燈子から沙弥香に「何色が好き? 紫陽花」と聞くシーン
②沙弥香から侑に「何色が好き? 紫陽花」と聞くシーン
③侑から燈子に「先輩は何色が好きですか? 紫陽花・・・」と聞くシーン

アニメの時系列だと、①→②→③の順番。
原作の時系列だと③→②→①の順番。

相手に紫陽花の好みの色を聞く描写、原作には無かったものでした。
なので燈子→沙弥香→侑の順番に伝播していったと考えるのが無難でしょうね。燈子発信だと。

紫陽花の花言葉

8話では3シーンで紫陽花が登場しました。
それも決まって、2色1セットで描写されています。


一番最初に出たシーン。
燈子から沙弥香に問いかけるシーンです。
青色と白色の紫陽花が登場しています。

青色の紫陽花の花言葉は『冷淡・高慢・神秘的・辛抱強い愛情・あなたは美しいが冷淡だ』
白色の紫陽花の花言葉は『寛容・気の迷い・ひたむきな愛情』


次は、沙弥香から侑に問いかけるシーン。
紫色と白色の紫陽花が登場しています。
※黄色に見えますが、夕日の影響だと考えてます

紫色の紫陽花の花言葉は『謙虚』
白色の紫陽花の花言葉は『寛容・気の迷い・ひたむきな愛情』


最後に、侑から燈子に問いかけるシーン。
青色と紫色の紫陽花が登場しています。

青色の紫陽花の花言葉は『冷淡・高慢・神秘的・辛抱強い愛情・あなたは美しいが冷淡だ』
紫色の紫陽花の花言葉は『謙虚』

花言葉が意味するものは

青・紫・白のそれぞれが、燈子・侑・沙弥香を表しているのでは・・・と思います。
どの色が誰に対応しているのかというと、私の考察では

・青→燈子
・紫→侑
・白→沙弥香

なんじゃないかなぁ・・・と。
青が燈子なのは間違いないと思うんですが、紫と白でかなり悩みました。
あと紫ではなくピンクに見えなくもないのですが、ピンクの花言葉には『元気な女性』という意味があり、これだと侑が当てはまりそう。

他の判断材料としては、それぞれのシーンで描写されていた紫陽花から。
燈子と沙弥香の登場シーンで青と白。沙弥香と侑の登場シーンで白と紫。2シーンともに沙弥香が登場しており、共通する色は白。なので沙弥香は白かなぁ、と。
同じロジックで考えると、青が燈子、紫が侑になるわけです。

燈子が『冷淡・高慢・神秘的・知的・辛抱強い愛情・あなたは美しいが冷淡だ』ということですが、これは何だか納得できますね・・・。
冷淡というとこだと、好きという言葉で侑を縛り付け、自分を好きにならないよう働きかける。冷淡と言えば、冷淡かもしれませんね。

侑は『謙虚』。
これが何を意味するかは結構難しいですが、燈子に対して好きと伝えず「このままでいいか」と一歩引く心が、『謙虚』に当たるのかなぁ、と。
これについては沙弥香にも当てはまってしまうので本当に悩んだのですが・・・。『謙虚』って意味だと侑にも沙弥香にも当てはまるので、なんとも難しい。

沙弥香は『寛容・気の迷い・ひたむきな愛情』。
これもかなり悩みました。侑についても同じことが言えそうだからです。
でも『ひたむきな愛情』って言うと・・・今のところでは沙弥香なのかなぁ・・・。

好きな色の答えは?

燈子から沙弥香に「何色が好き?」というところでは、沙弥香の答えは無論青色なんでしょうね。
シーン内にも、青色の紫陽花があります。

それに対して、沙弥香から侑に「何色が好き?」と聞くシーン。
侑の答えとしては青色なんでしょうが・・・。なんとびっくり。
このシーン、青色の紫陽花がありません。
これが意味するところはと言うと・・・。
侑は「好き」を持ちません。
「好き」を持ってしまったら、燈子は自分を・・・。そう考えてしまうが故に、侑は燈子を好きとは言えないのです。
つまり、青色が好きとは答えられない故に、そもそも選択肢がシーン内に登場していない・・・。
と私の妄想ですが、ここまで考えて紫陽花の描写をアニメ内に入れていたとしたら、深すぎてびっくりです。

そして最後に侑から燈子に「何色が好き?」と聞くシーン。
これは簡単で、燈子の答えは紫色でしょうね。シーン内にも、紫色の紫陽花が登場しています。
肝心の燈子は寝てしまっていたので、肝心の答えは聞けませんでしたが。
ちなみに原作だと、寝てるのは燈子じゃなくて侑なんですよね・・・。

紫陽花の色一つでも、考察しがいがあるアニメ

紫陽花については何度も描写が出てきたので、皆さんも思うところがあったのではないでしょうか。
上記は私の妄想による考察なので、合ってるかどうかは全く分かりません。
それでも紫陽花一つでここまで色々と考察出来るアニメ「やがて君になる」。
原作読んでいてもここまで楽しめるアニメは無いですし、むしろ原作を読んでいるからこそ深い部分まで考察のしがいが出てきて、面白さ倍増です。
というわけで今回は本編8話の中から「紫陽花の色」について掘り下げてみた記事でした。

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。