【ネタバレ感想】波よ聞いてくれて 7巻 - また大変な事態になってきたな...

【ネタバレ感想】波よ聞いてくれて 7巻 – また大変な事態になってきたな…

投稿者:

ネタバレ有り。閲覧注意です※

波よ聞いてくれ(7)(アフタヌーンコミックス) – 沙村広明

感想

久しぶりに単行本が出た「波よ聞いてくれ」の7巻を読みました。
6巻の終わりがめちゃくちゃいいところだったので、心待ちにしていたこの一冊。

マキエと中原

もちろん興味どころとしてはマキエが中原に迫った結果がどうなったのか、というところ。

てか7巻待ちだった人はみんなそうでしょ!!!(同調圧力)

ってことでいよいよ待ち望んだ7巻を開いたわけですが・・・。

【ネタバレ感想】波よ聞いてくれて 7巻 - また大変な事態になってきたな...
えっ。

酔っ払って頭打って寝落ちして終わり?????

え〜〜〜〜〜〜〜!!!!(本音すぎる本音)

それで中原は甲本さんのところに逃げちゃうし・・・。
甲本さん、例の宗教団体に一緒に捕まってた人だったっけ。(うろ覚え)(だって単行本ペースが)

ってところで、6巻ラストでお楽しみになっていた騒動は一旦終了。

しかしなんか、マキエ成長したな・・・。
酒癖やばいけど・・・。
自分にできることで生きていきたいっていう感じになってる。
この人の成長物語みたいな側面も出てきたな、このマンガ。

新コーナー

次は新コーナーってことで、引きこもりの説得番組始めたみたいですね・・・。
ラジオのコーナーの一環ではあるみたいだけど、ラジオってよりはもう人間ドラマ的な漫画だよなぁこれ。

そして登場する家族がみんな濃すぎる。

もちろん家族のセリフもキレがいい。
登場人物のセリフがキレまくってるのが、この漫画の持ち味ですもんね・・・。
さすがにそこは抜かりない。

【ネタバレ感想】波よ聞いてくれて 7巻 - また大変な事態になってきたな...
特にここめちゃくちゃ笑った。
相変わらずのセリフの秀逸さ。
7巻もキレッキレだったな・・・。

あと。
ミナレと瑞穂、もうこれ付き合ってるでしょ・・・。(という距離感)
膝枕耳かきまでしてたし、ちょっとどういうことなのこれは。
「現代的な恋愛劇」をモチーフにした漫画だけど、なるほどなるほど、という気持ち。
いいぞ・・・すごく・・・。

あと、マキエだけじゃなく。
瑞穂も「成長した」という描写がありましたね。
マキエも瑞穂も成長を見せた7巻となりましたが・・・。
え、ミナレさんはどうなんですか。(すでに成長しきっている感)

地震

すごい地震の描写でしたね・・・。
リアル感がすごい。
亀裂、商品陳列棚が乱れる様子、家がきしむ音。
漫画家ってほんとすごいな・・・。
あとがきにも描いてましたが、北海道で起こった地震をモデルにしてるんですね。

地震が起こって、ラジオ局の本領が試されるというところで7巻が終わりましたが・・・。
8巻もめちゃくちゃ楽しみな展開で終わってしまった。
7巻が発売されたばっかり、という事実がつらい。

最後に

というわけで、7巻読み終わってしまいました。
8巻まだかな。(絶望感)
毎回毎回こんないいところで終わっちゃってたら、本誌いきたくなっちゃうじゃん。
講談社上手すぎるな・・・。

9月に1冊出るくらいの刊行ペースなので、8巻は来年の夏頃か。
うわーーー!!!めっちゃ遠いーーー!!!